曇り空に飛ぶカラスは心配性

毎日の日常の中で、「カレーライス」のポジションってどうなんだろう。無関係と思う?「ラザニア」は、アナタにとって何なんだろう。
ページの先頭へ
トップページ >

ぽかぽかした仏滅の夕暮れは散歩を

せがまれて、知り合いの所有地のモウソウダケの除去を協力していたけれど、しかし、竹が非常にたくさんで大変だった。
竹林の持ち主が山の管理を父親から継承して、大きな竹がたてこんで生えていて、手のいれようがなかったそうだ。
自分は、仕事で流用する太い竹が欲しかったので、いただけることになり、ありがたくて良かったが、急斜面の山から出すのも大変だった。

怒って熱弁する兄弟と読みかけの本
大学生のころよりNHK教育テレビを視聴することがとっても増えた。
昔は、親やじいちゃんが視聴していたら、民放の番組が視聴したいのに思っていたが、このごろは、NHKも視聴する。
楽しい番組が非常に少ないと考えていたのだけれど、最近は、かたくない番組も以外と多いと思う。
そして私が、バラエティ以外の内容のものも好んで見るようになった。
それ以外に、攻撃的でない内容のものや息子に悪い影響がたいそう少ない番組がNHKは多いので、子供がいる現在は見やすい。
NHK以外では、アンパンマンですらものすごく攻撃的のように見える。
毎週殴って解決だから、私の子供も笑いながら殴るようになってしまった。

怒って踊る先生と観光地

ほほえみって魅力的だなーと思っているので、できるだけ笑顔でいれるように心がけている。
一応、時と状況と見て。
しかし、周りに強制してはダメ。
要は、一括では言えないけれど自身の概念として。
会社にいる時は真剣な顔で必死で働いていた人が、笑った瞬間。
もう、大好き。
目じりに皺ができる人が大好き!と話す友人。
気持ちも納得できるかもしれない。

のめり込んで大声を出す兄さんと霧
夜、眠りに入れないときは、DVDを起き上がって見ることがある。
昨日の夜選んだ映画は、「エスター」という米国作品だった。
主要人物、エスターと言う子はしっかりものだけれど少しクレイジーな9歳の少女。
最後には衝撃の結末があなたを待っている。
これを見る半ばで、エンドが分かる人がいるだろうか不思議なくらい予測不可能な事実。
結果は、ビクッとするのではなく、ただゾッとするような終わり方だった。
ストーリーは、眠くない私の深夜の時間を充実させてくれる。
だけど、だいたいお酒とおつまみもそろっているので、体重が増加するのが恐ろしい。

息もつかさず歌う君と公園の噴水

慢性冷え性になってからは、若干辛いけれど、結局寒い時期が気に入っている。
外が乾燥しているので、カラリとした匂い、プラス、布団のぬくもり。
寒い時期の太陽って恵まれている気分にしてくれるし、一眼レフを持って行った、冬の朝の海岸も綺麗。
季節を撮りたかったら、性能のいいカメラもGOODだけれどトイカメラでバリバリ連写するのがそこそこ味のあるショットが発見できる。

前のめりで走るあの人と擦り切れたミサンガ
誰もが知る見学箇所の、法隆寺へ行った。
法隆寺式伽藍配置も十分見せてもらって、立派な五重塔、講堂も見学できた。
資料館では、国宝にも指定されている玉虫厨子があり、思っていたよりも少しだけ小さかった。
このお寺について学ぶには、おそらく、非常に多くの時間を要するのではないかと考えている。

勢いで自転車をこぐあの人と俺

家の前でハンモックに寝転がり、気持ちよい風に身を浸していた、休日の夕方の事。
頭上には美しい夕焼けが広がっていた。少年は、自分ちの猫が「ギャオォッ!」と叫ぶ声に驚き、ハンモックから地面に落下してしまった。
目を凝らして観ると猫は蛇に相対し、尻尾まで立てて興奮しながらも恫喝していた。
ヘビはそう大きくはなく、毒ももっていない種類のようだったので、少年は小枝を振って追い返し、ネコを抱っこして再びハンモックに寝転がった。
少年は、猫の頭を撫ぜてやりつつお腹の上で寝かせ、気持ちいい風に身を浸した。

風の無い木曜の早朝はシャワーを
検診は、例年なぜか引っかかる。
心臓だったり、数値だったり、胃だったり。
胃の検査を発泡剤とバリウムを飲んで受けてみて、検査結果をもらうと、胃がんの疑いがあり、急いで、検査を紙面に記載の病院にて受けてください。
と書き記してあったのには、あせった。
あせったそれに、心配だった。
至急国立病院に検査に原付で行ったら、結局のところ、胃炎だった。
胃は前々からうずいていたので、身体検査に引っ掛かったのはわかるが、言葉で名前とがんの疑いがあると書きつけてあったら心配だった。

雨が上がった木曜の昼に歩いてみる

今時のネイルサロンは、バイオなど、素晴らしく難しい技が駆使されているようだ。
ちょっぴり安くなるインビテーションを貰ったので、サロンに向かった。
かなり、カラーや雰囲気に対して、優柔不断なので、デザインを伝えるのに時間を要した。
小指だけシンプルなアートをしてもらって、感動し機嫌がよくなった。

汗をたらして大声を出すあいつとファミレス
出張に行けば、1週間ほど帰ってこれないこともある。
その時は、充実感は持っているけれど、すごく緊張しているので、ほとんど眠れない。
起床時間のかなり前だと言うのに、眠いのに目が覚める習慣がある。
寝不足だけれど、終了後の解放感はお気に入りだ。
思いっきり遊びまくるし、寝るし、しっかり食べる。

コンテンツ

コンテンツ

Copyright (c) 2015 曇り空に飛ぶカラスは心配性 All rights reserved.